WordPressテーマ「SWELL」を徹底レビュー

WordPressテーマには、そのテーマそれぞれの特徴がありますよね。

私も無料から有料テーマに変更する際には、「これでもか」というくらい入念に下調べしました。

すると、収益化に特化したテーマ、デザイン性が高いテーマ、SEOに強いテーマ、、、

といった具合にたくさんの「売り文句」を備えたテーマがみつかりました。

しかしブログ歴皆無の私では、それらの違いを目利きできるはずもなく、結局テーマを決められない状況が続いていました。

そんな中、「SWELL」というテーマを知り、購入を即決しました。(このサイトもSWELL使用)

「SWELL」にはブロックエディターへの完全対応など、他テーマにはない直感的に理解できる魅力があったからです。

この記事では、「過去の私と同じようにパッとするテーマがないと感じているあなた」に、「私がSWELLを選んだ理由、魅力と欠点」をお伝えしていきます。

この記事を読むときは、ぜひ文章の装飾や使われている機能を楽しみながら読んでみてください!
「『SWELLの良さ』を体感できるように」
執筆したつもりです。

目次

WordPressテーマ「SWELL」を選んだ理由

SWELLロゴ

」はフリーランスエンジニアの了さんが開発したテーマです。

2019年3月にリリースされたばかりの新しいテーマとなっています。

まずはじめに「SWELL購入を即決した理由」と「SWELLのスペック概要」をお伝えします。

SWELLのイチオシ|購入を即決した理由

ズバリ、最新のブロックエディター「Gutenberg」に完全対応しているからです。

使い始めてからさらに確信したのですが、これが本当に最強です。

動画をご覧いただければ、その凄さは一目瞭然 ↓

凄すぎやしませんか、、、?

私はこの動画をみて購入を即決しました。

「SWELL」のブロックエディターを使えば、デザイン性の高い記事をサクサク書くことが可能。トップページもコード不要で自由自在にカスタマイズできます。

本当にありがたいです。

詳しくは後述する『WordPressテーマ「SWELL」のメリット』の項目で解説しますね。

SWELLのスペック概要

「『SWELL』でブロックエディターを使っている様子」の動画をみて即決したとはいえ、もちろん他の機能を無視したわけではありません。

SWELLには、たくさんの魅力がつまっています。

  • ブロックエディター『Gutenberg』に完全対応
  • 表示速度が速い
  • 充分なSEO対策機能
  • リストやふきだし、ボタンなどの装飾機能が豊富
  • テーマカスタマイザーが有能
  • CocoonやJINなど、他テーマからの移行が簡単
  • クラシックエディターにも対応
  • 広告の設置や管理も簡単

キリがないのでこの辺で。

正直なところ、SEO対策や多少のデザイン性などについては、どのテーマも差がないというのは周知の事実でしょう。

有料テーマ間の比較であれば尚更です。

というわけでここからは、明らかに違いがわかることや数字として比較できるものなどをピックアップします。

WordPressテーマ「SWELL」のメリット 3つ

メリットを3つ紹介します。

  1. ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応
  2. 表示速度が速い
  3. 他テーマからの移行が簡単

メリット①:ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応

この記事で1番伝えたいのはこれです。

先ほど動画でも紹介しましたが、「SWELL」はブロックエディター「Gutenberg」に完全対応しています。

しかも中途半端に対応しているのではなく、本当にクラシックエディターを一切使わずにサイト運営できます

事実として、SWELL開発者の「了」さんもこんな風にいっています。

SWELLは WordPress5.0から搭載されている最新のブロックエディター『Gutenberg』に完全対応しています。
ただ無難に対応するだけではなく、ブログを簡単に・楽しく・素早く書けるように、細部までこだわってカスタマイズしています。

SWELL公式HPより引用

そんなブロックエディター完全対応の「SWELL」が感じさせてくれることは2つ。

  1. コンテンツ作りがとにかく楽しい
  2. 「SWELLブロック」を使えば、トップページも自由自在にカスタマイズできる

ザックリこんな感じです。

コンテンツ創りがとにかく楽しい

なんといってもまずはこれかなと。

「SWELL」を使って記事を書くときは、

  • コード不要でストレスフリー
  • 直感的な操作性
  • 豊富な装飾デザイン

こんな状態が実現されるので、とにかく記事を書くのが楽しいです。

「これやりたい」がほぼデフォルトでできます。

この記事の装飾もデフォルトで備わっているものだけで、全てブロックエディターを使って執筆しています。

「SWELLブロック」を使えば、トップページも自由自在にカスタマイズできる

オリジナリティ出しやすいです。

有料テーマを使っていると、同じテーマ同士での既視感を感じることも少なくないですよね。

「SWELL」はそんな悩みも払拭してくれるテーマです。

ブロックエディターで「SWELLブロック」を使って固定ページを作成し、それをトップページに設定するだけです。(コード不要・簡単)

「HTMLやCSSの知識はないけれど、デザインには拘りたい」という方にもピッタリですね。

このサイトも上記手順で作成してます↓

ここに書くと長くなるので、SWELLブロックや手順の詳細は別記事で紹介しています。

>>WordPressテーマ「SWELL」でトップページをサイト型にカスタマイズする方法

ひとつだけ誤解がないように書いておきます。
特別なことをしなくても、トップページはお洒落にできます↓

動画のようにテーマカスタマイザーを使えば、下記は一瞬で生成できます。

こんな感じで、これらの機能だけでもお洒落で便利なトップページ作りが可能です。

ただせっかくブロックエディター完全対応で、SWELLブロックという優秀な機能が備わっているので、慣れてきたらトップページにオリジナリティを持たせるのもありかな〜

なんて。

  • コンテンツ創りがとにかく楽しい
  • コード不要でトップページを自由自在にカスタマイズできる

メリット②:表示速度が速い

Cocoon(50〜70)→SWELL(60〜90)まで上がりました。
※ スクショは執筆時点。テーマ変更時点ではもう少し上がってたような。

SWELLでのサイト表示速度
パソコン
SWELLでのサイト表示速度
モバイル

特に何も対策をしていない状態でこれなので、このサイトの表示速度はもう少し速くできそうです。

メリット③:他テーマからの移行が簡単

テーマを乗り換えるとき、旧テーマ機能での装飾やCSSの書き換えなどを行っていると、記事のデザインが大きく崩れてしまいます。

しかし下記テーマから「SWELL」へ移行する際には、専用プラグインを使うことでデザイン崩れを抑えることができます。

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

記事数が多い人でもリライトの負担を最小限に抑えられます。

私は記事数が少なかったので、プラグインは使わなかったのですが、下記ツイートが参考になります。

https://twitter.com/satsuba_blog/status/1272365506498977792

66記事のリライトなんてゾッとしますが、7時間なら1日集中すれば直し切れる量ですね。

記事数が多い方は、ぜひプラグインを検討してみてください。

なお、これらのプラグインはSWELL購入者限定のものです。

\コンテンツ創りがとにかく楽しい/

WordPressテーマ「SWELL」のデメリット 3つ

ここからはデメリットを紹介します。

正直デメリットと感じるものはないのですが、強いてあげるならこの3つです。

  1. 値段がやや高い
  2. ネット上に情報が少ない
  3. テーマ依存性が高い

デメリット①:値段がやや高い

テーマ価格(円)
SANGO11,000
STORK1911,000
JIN14,800
THE THOR14,800
WING(AFFINGER5)14,800
SWELL17,600
DIVER17,980

このように他テーマと比べると、やや高い価格設定に位置していることがわかります。

列挙した中で1番安いテーマとは、実に6,600円の差があります、、、

とはいえ、」はGPL100%(ライセンス制限なし、複数サイトで使用可能)の買い切りテーマなので、それを考えれば納得の価格設定ではないでしょうか。

1年使えば、1日あたり約50円。

1日缶コーヒー1杯我慢すれば、お釣りがきてしまいます。

強きな価格設定は、コンテンツへの自信の裏返しかな?

なんて思うくらいには、素晴らしいテーマです。

デメリット②:ネット上に情報が少ない

ある程度ロングセラーのテーマであれば、使用者数も多いのでたくさんの情報がネット上に溢れています。

一方、「SWELL」は新しいテーマ(2019年3月リリース)なので、ネット上に情報が少ないです。

困ったときに情報が出てこないのは、少し不安になるかもしれないですね。

ただ、SWELLは初心者でもクリックだけで簡単に使えるように設計されており、公式サイトにはフォーラムも用意されています。

今のところ私は、困ってもこれらを駆使してすぐに解決できています。

また情報が少ないということは、「情報発信すればそれが価値になりやすい」ということでもあります。

使いこなせてきたら、「SWELL」について情報発信するのもありかもしれません。

デメリット③:テーマへの依存性が高い

ここまで読んでもらえたらわかる通り、「SWELL」はブロックエディター「Gutenberg」への完全対応をはじめ、デザイン性や利便性が非常に高いテーマです。

もし仮にアップデートが途絶えたり、何らかの理由により「SWELL」を使用できなくなった場合、替えが効くテーマは他にありません。

こんな状況になれば、大きな喪失感を味わうことになるのは間違えないです。

とはいえ、テーマを使用できなくなるリスクは「SWELL」に限った話ではありません。

それに「SWELL」は、記事の執筆時間を大幅に短縮できるポテンシャルを持っています。

1日の執筆時間を15分短縮できるとすれば、1年間では約90時間もの時間が生まれることになります。

90時間あったら何ができるか考えてみてください。

WordPressテーマ「SWELL」のダウンロード手順

次に「SWELL」の導入方法をお伝えしていきます。

ダウンロードは5分もあれば終わります。

STEP
SWELL公式サイトにアクセス
STEP
「DOWNLOAD」をクリック

公式サイトにアクセスしたら、「DOWNLOAD」ボタンをクリックします。

STEP
利用規約にチェックを入れ、購入するをクリック

利用規約にチェックを入れたら、「SWELLを購入する」ボタンをクリックします。

STEP
必要な情報を入力し、料金を支払う

メールアドレス、クレジットカード情報を入力して、料金を支払います。

STEP
送信されたメールからSWELLをダウンロード

支払いが完了するとメールが送付されます。

メールに記載されているリンクからダウンロードすれば完了です。

最後に|WordPressテーマに今求められていること

この記事では「」の魅力をたくさんお伝えしてきました。

そして何といっても「SWELL」最大の魅力は、「コンテンツ創りが楽しくなること」だと感じています。

少し長いのですが、下記の引用をぜひ読んでもらいたいです。

SWELL開発者の「了」さんは、WordPressテーマについてこのように述べています。

WordPressテーマに今求められていること

SEOはコンテンツが全て」と言われている今、”SEOに強いWordPressテーマ“というものは存在しなくなりました。

“SEOの強さ”をWordPressテーマに求めることは、もうできません。

では、求められるのは”表示速度の高速化“でしょうか。

それも違う、と私は思っています。

コンテンツの質に比べれば表示速度の重要性は小さくなっていますし、よほど遅すぎるわけでなければ十分でしょう。

では、何が求められるのでしょうか?

それは、”ユーザーがコンテンツの質を高めるためのサポートが充実しているかどうか” だと思っています。

・美しいデザイン

・ストレスの少ない快適な使い心地

・思い通りのコンテンツが簡単に作れる楽しさ

などによって、ユーザーのあらゆる体験を全てランクアップさせるような

コンテンツ制作のモチベーションを高めるための良きツールであること” を第一に考えながらSWELLは作られています。

SWELL公式サイトより引用

「了」さんの考えに少しでも共感できたあなたは、ぜひ「SWELL」を使ってみてください。

きっと後悔しませんから。

\コンテンツ創りがとにかく楽しい/

Erinaの画像
Erina
サイト運営者
25歳・MR | 私大薬卒▶︎外資製薬MR▶︎常に人生の分かれ道にいます。薬の専門家でwebデザイン勉強中。シンプル好きなゆるい人。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる